小さいうちから英語に慣れるために

子供とスカイプ英会話

親であれば、お子さんがより良い未来を選択することが出来るよう、若いうちから様々な教育を受けさせてやりたいと考えていることでしょう。
企業のグローバル化が進む昨今、やはり英語を自在に話すことが出来れば何かと有利になります。

しかも、読み書きが出来るだけのテスト用の英語ではなく、リアルタイムの意思疎通を目的とした英会話が非常に重要。

オンライン学習法であるスカイプ英会話ならば、離れた場所に居る講師と電話のようにリアルタイムで会話を行うことが出来る上に、ウェブカメラを設置すれば互いの顔を見ながら話すことが出来るので会話が弾みます。

そして最近ではお子さんにスカイプ英会話のレッスンを受けさせると言う親御さんも増えてきました。

お子さんの将来のためにも、早いうちから英語に慣れさせるのはとても良いことです。
また最近では何かと物騒な事件も多いですが、スカイプ英会話ならば親御さんの目が届く自宅で行うことが出来るので安心ですね。

ED患者は生活習慣病やうつ病の危険!!

ED患者は生活習慣病やうつ病の危険!!

最近の研究で男性ホルモンが、男性の健康と深い関係にあることが分かってきました。
今回はそんな記事をピックアップ!

===ここから===

男性ホルモンは、男性を男性特有の体つきや思考回路に発育させるホルモン。たとえば、筋肉隆々の体つきや、地図を読むなど2次元を3次元に置き換える能力に男性ホルモンが関係していることはよく知られている。テストステロンやアンドロステネジオンなど数種類あるが、テストステロンが最も生理活性が強いとされる。

以前から男性ホルモンについての研究はあったが、男性の健康維持と深いかかわりがあるとわかってきたのは最近のことだ。帝京大医学部附属病院の堀江重郎教授(泌尿器科)によると、男性ホルモンの減少は、50歳代の1割、60~70歳代の3割にみられるという。「ただし、画家のピカソが67歳で子供をもうけたように、60代や70代でも20代より男性ホルモンが多い人もいる。個人差が大きいために、これまで研究対象になりにくかった」と話す。

この10年ほどで男性にも更年期があることはよく知られるようになった。男性更年期障害は、疲労感が取れない、やる気がおきない、筋肉痛が続く、寝付きが悪いなどの症状がみられるが、こうした症状に男性ホルモンの減少がかかわっていることが分かっている。とくに男性更年期障害患者の9割にED(勃起障害)があることからも、男性ホルモンがかかわっていると考えられている。

===ここまで===

勃起障害はいかにも男性らしい機能の低下ですが、その原因は男性ホルモンにあったわけです。
しかも、男性更年期障害にも深く関わっていたわけですね。この問題が解消できれば、勃起障害(ED)も解決できるのかも…